総量規制外がキャッシングで影響するタイミング

「総量規制外」であることがキャッシングをする時に影響するタイミングは、何も借りる時(契約時)だけではありません。契約後、いずれ融資上限金額が増額される場合にも影響してきます。

そもそも総量規制とは、「規制対象となるカードローン・キャッシングを利用する時に、年収に対する借入れ上限を制限する」と言う規制です。契約時にまずは初期段階の利用上限金額が設定されますが、この時に総量規制が影響します。年収100万円の人が利用できる金額は約30万円までで、50万円の融資を希望するのであれば150万円以上の年収があることが条件となります。その為、自身の年収と希望融資金額がかい離してしまっている場合は契約が出来ないか、可能な範囲で契約することになります。

この時、総量規制外のカードローンを利用していれば、年収100万円の人でも50万円の融資上限金額が設定される可能性があります。ただし、総量規制外と言っても全く影響が及ばないと言う訳では無く、一応の基準価格として同等の上限金額が設定されることが多いため、現実的には30万円程度の契約となる可能性が高いです。

ただし、利用状況に応じて融資上限金額が増額される可能性がある分、総量規制外のカードローンを利用した方が最終的に大きな金額を利用出来るようになる可能性があります。総量規制の対象となっているカードローンであれば、いくら良好な利用環境だったとしても上限を超えた上限が設定されることは無いので、そういった意味では大きな影響を与えると言えるでしょう。